• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

NPO法人 学生耕作隊 楠クリーン村

今から約50年前に茶園となった山が、楠クリーン村の仕事と生活の場です。
一度は担い手が途絶え耕作放棄地となった茶園を再生させ、毎年自分たちの手で新茶を収穫・加工し、販売しています。
山一つぶんの広々とした敷地を活かし、今ではお茶だけでなく養鶏、野菜や果樹の栽培、加工品の製造も行っています。
                           
楠クリーン村がつくる農産物の栽培・飼育の方針は「自然の力を引き出す」ということに尽きます。
もともと生命力の強いお茶の木が健康であれば、農薬や肥料を与える必要はありません。
無農薬・無化学肥料を売りにするための栽培方法ではなく、植物や動物が本来持っている自然の力を引き出すために
健康的な育て方をしたいと考えます。         

お茶農家、米農家、自然養鶏家など、各分野の師から技術や知恵を継承することも大切です。
教わったことを日々この土地で実践し、楠の環境に適した方法を探りつつ、農家としての腕を磨いています。

農産物を活かした加工品も、試行錯誤を重ねて開発したオリジナルの商品です。
自分たちがつくったもの、地域のもの、アジア各国の仲間たち−−共に田舎で仕事づくりに取り組む人々−−が生産しているものなどが、
主な原材料です。余分な添加物は使わず、なるべくシンプルな材料で手作りしています。

つくろうと思えば、田舎でだって、つくりたいものはつくれる。
いや、田舎だからこそ、つくれるものが沢山あります。
仕事も生活も、美味しい食べ物も。

協力しあえる仲間がいれば、形になることは沢山あります。
そうして楠クリーン村の商品は、一つ一つ生まれています。


楠クリーン村 HP:http://www.kousakutai.net
ブログ:https://kusunokidays.blogspot.com